【マーケター・ブロガー向け】競合との差別化への第一歩!SimilarWebの使い方入門

【マーケター・ブロガー向け】競合との差別化への第一歩!SimilarWebの使い方入門

SimilarWebは、Webマーケティングを行う際には非常に便利なツールだ。
最近では、SNS等の普及によりWebマーケティングだけで集客したりキャンペーンを出したりする効果は以前より少なくなってきた。
しかし、それでもまだWebマーケティングは有効なマーケティング手法である。

今回は、競合との調査を行うことができる便利ツール「SimilarWeb」について紹介する。

SimilarWebとは?

SimilarWeb(シミラーウェブ)とは、イスラエルで立ち上がった分析サービスだ。このサービスでは、競合他社のホームページのPV(ページビュー)数やユーザー数等、GoogleAnalysticsの基本指標と同様で、かつ類似したデータ(※完全に一致しない)を参照できる。

詳細データを取得することはできないが、それでも近似値を取得できるため、競合とのアクセス状況の際を比較することができる便利なツールだ。

SimilarWebには、有料版と無料版がある。

無料版では、ある程度の機能が制限されるものの、アクセス状況等基本的なデータの比較を行うことが可能だ。

SimilarWebの使い方

SimilarWebの使い方は、非常にシンプルだ。順を追って解説する。

SimilarWebへのサインアップ

まず最初に、SimilarWebにアクセスする。

続いて、無料サインアップを選択すれば、簡単なステップですぐに利用可能だ。

尚、GoogleアカウントやFacebookアカウントとのシングルサインオン(SSO)機能も実装されているので、GoogleアカウントやFacebookアカウントをお持ちの方は、アカウント登録の煩雑な手続きは必要ない。

SimilarWebで競合サイトと比較

SimilarWebで競合サイトを比較する際は、以下の数ステップで実現可能だ。

まず最初に、画面上部にある検索窓に、比較元(たいていの場合自分のサイト)のURLを入力する。

URLを入力すると、以下の様にウェブサイトに候補が表示されるので、自分のサイトをクリックする。

すると、以下の様に比較元のサイトのサムネイルやランク情報、以下のトラフィック情報を参照することができる。

  • 月間訪問数
  • 月間ユニークセッション数
  • 平均滞在時間
  • 1訪問あたりのPV(GAにおけるページ/セッション)
  • 直帰率

 

次に、競合と比較するために、「比較する」ボタンをクリックして、比較先のサイトを指定する。

すると、以下の様に競合との比較結果が表示される。比較結果の画面では、

  • 合計訪問数
  • トラフィックシェア(モバイルとPCの比較)
  • エンゲージメント(≒トラフィック情報の比較)

といった情報を一覧で見ることができる。

実は、比較結果の定量評価だけでも、競合比較をすることは可能だ。

上記の例の場合でいえば、

  • 私のサイトのアクセス数は、競合より1/2近く少ない
  • 私のサイトのほうがモバイルによるアクセスの割合が大きい(モバイルフレンドリー?)
  • 直近の月間訪問数でいうと、私のサイトほうが多い
  • 平均滞在時間は競合サイトのほうが長いが、1セッションあたりのページ数は私のサイトのほうが多い
    (≒少ない時間でより多くのページを見てもらっている?)
  • 直帰率は、私のサイトのほうが高い

といった感じで、直近で取り組むべき課題は何か?を、定量的かつ相対的にあぶりだすことができるのだ。

競合から学べること

SimilarWebを駆使して、競合から学べることはいくつかあるが、その中でも重要なのは以下の2つだ。

Webの世界における自社の立ち位置を把握する

先ほどの例でもあったようにSimilarWebを使うことで、

自社サイトの改善を行う際、直近で何を取り組めばよいか?

が明確になる。

Google Analysticsでも定量評価は可能だが、競合との比較ができないため、他の競合との競争の中で何を優先するべきか?までを相対評価できない。

その点、SimilarWebならば、定量的かつ相対的に評価を行うことができる。

競争するのではなく、競争しなくても集客できるポイントを探す

次に、SimilarWebを使うことで見えてくるのが、

競合他社が行っていない施策やポイントを探す

といったアクションが可能になることだ。例えば、以下の画面の様に、キーワード検索において競合と比較ができたり、競合他社がAdwords広告を出しているキーワードもあぶりだすことが可能だ。そのため、競合他社が実施していないキーワードの中からどのキーワードで集客するか?、検索回数やCPCといったデータを元に緻密な戦略を立てることができる。

最後に

SimilarWebの機能や使い方を簡単に紹介したが、SimilarWebの最大の強みは、

自社サイトのアクセス状況を、客観的に見ることができる

ことにある。

まだ導入していないWEBマーケターは、ぜひ導入を検討してみるとよいだろう。