【システム担当者、開発者向け】クラウドコンピューティングの比較

【システム担当者、開発者向け】クラウドコンピューティングの比較

最近では、AWS(AmazonWebService)Microsoft AzureGoogle Cloud Platformといったクラウドサービスが定着してきた。プログラミングを勉強した人も、レンタルサーバーだけでなくAWSやAzureを活用することで、Webサイトやアプリケーションの開発を効率的に行えるようになったのが大きい。

さらに、経営者の中でも、IT資産のコスト最適化の観点からAWSに関心を寄せる人が増えてきており、お問い合わせや構築依頼を直接頂くケースが増えてきた。

今回は、AWS(AmazonWebService)やMicrosoft Azure、Google Cloud Platformといったクラウドサービスの各特徴と比較についてお伝えする。

AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platformそれぞれの比較

AWSをはじめ、AWS、Azure、Google Cloud Platformといったサービスは、クラウドコンピューティングと呼ばれている。クラウドコンピューティングの主なメリットは、

必要な時に、必要なだけ、低価格で IT リソースを提供することができる

そのため、従来ではキャンペーンや年末セールの度に物理的にWebサーバーを増設したり、DBサーバーのスペックを増強していたものが、都度Webコンソール上でサーバーを増やしたり、スペックアップを行うことが可能だ。

それでは、いくつかのポイントを元に、クラウドコンピューティングの比較をしてみよう。

シェア 1位 2位 3位
サービス開始 2006年7月 2010年1月(正式なサービス開始) 2008年4月
費用・コスト
  • 初期費用:無料(12か月間無料サービスあり)
  • 月額:5 USD~(利用時間単位で課金)
  • 初期費用:無料(1カ月無料お試しあり)
  • 月額:13 USD~(利用時間単位で課金)
  • 初期費用:無料(インスタンス時間28時間分は無料)
  • 月額:114 USD~(利用時間単位で課金)
サービスの豊富さ ○(ビックデータや機会学習、翻訳・OCRに特化)
性能・プランの多さ △(チューニングできないケースあり)
拠点(データセンター)数 ◎(アメリカ・EU・アジア・オセアニア) ○(アメリカ・EU・アジア) △(アメリカ・EU・アジア)
セキュリティ
サポート ○(無料・有料) ○(無料)
IaaS
PaaS
SaaS
メリット
  • WEB・ゲーム系の企業の大半をはじめ、かなり多くの有名企業(例:AirAsia)に導入されている。
  • Web、IoT等、機会学習、AIをいった様々なソリューションに対応可能。
  • サービスによっては開発者じゃなくても使える。
  • VisualStudio(開発者ツール)とのシームレスな連携を得意とする。
  • Azure上の操作をAPIで連携可能。
  • AWSより機会学習やOCR(光学的文字認識)のサービスの質が高い。
  • ビックデータ解析基盤を利用する場合、AWSやAzureと比べて細かいチューニングを行う必要がない。
  • 機会学習やAI機能を簡単に導入可能。
  • Google Drive等のGoogleのサービスと親和性が高い。
デメリット
  • 日本語化されていないメニューがある。
  • 日本やアジア圏にないサービスがある。
    (他のエリア、リージョンでは利用可能)
  • AWSよりもサービス料金が若干割高。
  • サービス内容が、Microsoftへの依存度が高い。
  • AWSやAzureと比べて、拠点数が少ない。
  • サービスのバリエーションがAWSやAzureに比べると少ない

※2019/01/10現在のデータをもとに比較。サービス比較には、一部個人的な主観も含まれる。

他にも、IDCFクラウド等国内のクラウドコンピューティングサービスは何社かあるが、多国籍で展開しているサービスは上記の3社が主流だ。それでは、それぞれのクラウドコンピューティングサービスの特徴を、簡単に解説していこう。

AWSとは?

AWSは、物販大手のAmazonが、社内のビジネス課題を解決するためのITインフラストラクチャやアーキテクチャを、社外向けにWebサービス化したものである。

特徴的なのは、AWS MarketPlaceといわれる、アプリケーションとサーバーがセットになったもの(Saas)を、購入ボタンを押すだけで非常に高速に構築ができる機能をサポートしている。CMSプラットフォームのWordpressや、ECサイト構築プラットフォームのMagento等、ありとあらゆるクラウドサービスを簡単に構築することができる。

最近のAWSでは、

  • コンピューティング(仮想マシン)
  • ストレージ
  • データベース
  • 分析ツール
  • 専用ネットワーキング
  • モバイル向けサービス
  • 開発者用ツール
  • 管理ツール
  • IoT(Internet of Things)
  • セキュリティ
  • CDN

等、様々なサービスを提供する一大基盤になっている。

Microsoft Azureとは?

Microsoft Azureとは、マイクロソフトのクラウド プラットフォームである。特に、Microsoft製品系との親和性が高く、PaaS/IaaSに非常に強いのが特徴だ。特にWindows Serverを利用している会社やエンジニアにとっては、非常に親和性が高い。そのほか仮想化技術(Hyper-V)上で動作するLinuxの構築も実現できる。

Azureも、AWSと同様Web上でITリソースの操作が可能だ。

Azureでは、

  • コンピューティング(仮想マシン)
  • データベース、ストレージ(SQLデータベース)
  • データ分散化技術(Hadoop)
  • 機会学習
  • CDN
  • 分析ツール
  • OCR(光学的文字認識)のサービス
  • 専用ネットワーキング
  • セキュリティ

等、AWSに近いサービスを提供している。

AWSと比較するとSaaSの機能が弱いので、アプリケーションやシステム運用に詳しくない人には、導入や運用するにはハードルが若干高いかもしれない。

Google Cloud Platformとは?

Google Cloud Platformとは、Googleが運営しているクラウドコンピューティングのプラットフォームだ。Google検索やYouTubeなどのエンドユーザー向けのサービスと同じインフラストラクチャーで運営されており、簡単なウェブサイトから複雑なアプリケーションの開発まで対応しているのが特徴だ。

特に、Googleが提供しているサービス(GoogleMap、Googleカレンダー等)に特化しているAPIを実装している。例えば、GoogleMapをカスタマイズしてサービスを提供する際は、必要なサービスの1つだ。

Google Cloud Platformでは、

  • コンピューティング(仮想マシン)
  • データベース
  • ストレージ
  • 機会学習、AI
  • 分析ツール
  • Googleのサービス専用API

といったサービスを提供している。Googleのサービスをよく利用されている方には使いやすいと思うが、より柔軟にアプリケーション連携を行いたい場合は、AWSやAzureと比較して若干機能薄かもしれない。

最後に

クラウドコンピューティング初心者が、最初に使ったほうがよいサービスはどれか?

というお問い合わせに関しては、私は「AWS」と回答している。一番の理由は、「ソフトウェア開発者」でなくても操作できる機能が多いからだ。

さらに、世界中のビジネスのグローバル化が加速する中、世界各地に最もサービスを展開しやすいのは、世界中にデータセンターを構築しているAWSなのが現状だ。しかしながら、他の2社も、AWSでは実現できないサービスが実装されているので、状況に応じて、使い分けるのが良いだろう。