【エンジニア向け】初めてのLaravel入門(1)

【エンジニア向け】初めてのLaravel入門(1)

今年に入って、消費税増税を控えた影響からか、大型開発案件の受注や問い合わせが増えてきた。

その中でも、開発効率向上のため採用したり要望があるのが「Laravel」というPHPベースのWebフレームワークだ。

今回は、Laravelの概要についてお伝えする。

Laravelとは?

Laravelとは、PHPベースのWEBフレームワークだ。WEBアプリケーションをスクラッチで開発すると、

  • データベース接続、クエリ処理
  • リクエスト処理
  • メール送信
  • セキュリティ
  • ユニットテスト

といった要素を自力で実装しなくてはならない。LaravelをはじめとしたWebフレームワークは自前で実装しなくてもフレームワークで必要な処理を事前に実装しているため、その処理を呼び出すだけでよい。

また、だれが読んでもわかりやすくなっているのもメリットだ。

Laravelの歴史

Laravelは2011年に生まれたWebフレームワークだ。

今までのPHPフレームワークは、CakePHPやSymfonyが主流だった。CakePHPやSymfonyの実装上の問題点を解決して汎用性を高めたのがLaravelだ。

最初は伸び悩んでいたものの、現在ではもっとも人気のあるWebフレームワークだ。上のグラフは、PHP主要フレームワークであるLaravel、CakePHP、Symfony、CodeIgniter、FuelPHPの検索トレンドをグラフにしたものだが、現在では圧倒的にLaravelの検索ボリュームが1位になっている。

因みに、数あるプログラミング言語の中で、主要なフレームワークを比較しても、Laravelは1位を争うくらい人気のフレームワークになっている。

Laravelの利用に必要なスキル

Laravelは、Symfonyの発展型の構成になっており、「Composer」を利用して開発を行うことになる。従って、開発環境にはCompoerのインストールは必須だ。

また、Laravelは、フロントエンド開発用にnodejsを導入しており、npmコマンドを利用してCSSやJSの最適化を行っている。そのため、npmコマンドにもある程度精通しておいたほうが良い。

そして、何より知っておくと重宝するのがVueだ。Laravelはver5.4以降、Vue.jsが標準で実装された。

SPA(シングルページアプリケーション。ページ遷移が発生しないWebアプリケーション)を実装する場合、Vue.jsを理解しておくと開発効率が向上するはずだ。

◆Laravelの開発に必要なスキル

  • Composer
  • nodejs(npm)
  • vue.js

Webアプリケーション構築は、Laravelが便利

今まで様々なプログラミング言語とWebフレームワークを触ってきたが、最も開発効率が良いのはLaravelだと思う。

なぜなら、

  1. 世界の中でも大きいLaravelコミュニティー
  2. 決済、クラウド連携など充実したライブラリ
  3. 汎用性の高さ

といった特徴があるからだ。

PHPを学習する人は、ある程度慣れてきたらぜひLaravelの学習を始めることをお勧めする。