【エンジニア向け】WordPressを学ぼう(1)- 基本的な構造と使い方

【エンジニア向け】WordPressを学ぼう(1)- 基本的な構造と使い方

WordPressで構築されたWebサイトは、ついに世界の33%を占めるようになった。

WordPressは、内部構造等システム面ではいろいろと物議を醸しだしつつも、Webサイトとそのコンテンツを表示する仕組み(記事・固定ページ・メディア)においては、世界のデファクトスタンダードになりつつある。

参考:WordPress.com

今回は、そのWordpressを学ぼうシリーズの第一弾、Wordpressの基本構造についてお伝えする。

  • WordPressは、データベースとWebサーバー上のファイルをコントロールして、Webサイトを表示する。
  • WordPressは、記事・固定ページ・メディアの3つから成り立つ。

WordPressの基本構造

WordPressは、主に記事、固定ページ、メディアの3つのコンテンツからなりたっている。

記事

記事は、ブログ等の記事に該当する。TOPページやカテゴリページの中に一覧として表示され、タイトルをクリックすると詳細ページが表示される。

実際のWebサイトにおける記事の用途としては、

  • 不動産サイト:物件の詳細ページ
  • 自動車販売サイト:自動車のスペックページ
  • カタログサイト:カタログの詳細ページ

といった使い方が想定される。

記事は、Wordpressの中のデータベースにあるwp_posts(※)テーブルに保存される。

※wp_:Wordpressnのテーブル接頭辞

記事の中身は、原則HTMLだ。Wordpressはエディタを介して記事を投稿できるが、エディアで入力した内容もHTMLとして保存される。

また、記事を拡張するためのカスタムフィールドというものがある。カスタムフィールドは、wp_postmetaテーブルに保存される。

カスタムフィールドは、

  • 不動産サイト:物件の詳細ページに表示される物件の価格や最寄駅など
  • 自動車販売サイト:自動車の排気量、年式など

といった形で、記事とは別に項目を独立させて使用する。

固定ページ

固定ページは、記事と異なりカテゴリやタグの下にぶる下がらずに単体でページを構成する。

分かりやすい使用例として、

  • お問い合わせフォーム
  • プライバシーポリシー

といったページがあげられる。

固定ページの中身も、記事と同じく原則HTMLだ。

固定ページは、記事と同じくWordpressの中のデータベースにあるwp_postsテーブルに保存される。

メディア

メディアは、いわゆる画像や動画など記事や固定ページに埋め込んで利用するものだ。

WordPressに画像ファイルをアップロードすると、特定のフォルダ(/wp-content/uploads)以下に保存されるようになっている。また、メディアの情報(URL等)は、生地と同じようにWordpressの中のデータベースにあるwp_postsにも保存される。

まずは、固定ページと記事の使い方に慣れよう

WordPressを利用したことがない人は、まず最初に記事の投稿方法と、固定ページの使い方に慣れておいた方が良いだろう。特に記事と固定ページの使い分けができるようになると、Wordpressを活用してサイトを構築しやすくなる。

次回は、Wordpressのファイル構造と、テーマについて解説する。