【エンジニア向け】WordPressでオリジナル(自作)テーマやプラグインを開発するための勉強法

【エンジニア向け】WordPressでオリジナル(自作)テーマやプラグインを開発するための勉強法

WordPressは大変便利なCMSだ。

テーマによって自由にデザインを切り替えることができるし、プラグインによって機能を拡張することもが容易だ。

今回は、そのプラグインやテーマを開発するための勉強法について解説する。

最初に、Wordpressの機能をざっくり理解する

まず最初にした方が良いことは、Wordpressの機能をざっくりでよいので理解することだ。

では、どの程度理解すればよいか?私個人的には、少なくとも以下の3つは抑えておいた方が良いと思っている。

  • 投稿や固定ページ、カテゴリやタグでできることを理解する
  • パーマリンクについて理解する
  • メディア機能を理解する

投稿や固定ページ、カテゴリ&タグ(タクソノミー)でできることを理解する

特に固定ページと投稿の差はしっかりと理解しておく必要がある。特にテーマ開発においては、

  • 固定ページのデザインを調整するのか?
  • 投稿の詳細ページ(?p=xxxxでアクセスできるページ)のデザインを調整するのか?

で、開発すべき部分が異なるからだ。

また、カテゴリやタグについても同様だが、こちらはWordpressのタクソノミーという機能を使っている。カテゴリやタグについては、タクソノミーの概念を押さえておけばよいだろう。

パーマリンクについて理解する

次に抑えて起きたいのが、パーマリンクだ。

パーマリンクとは、固定ページや投稿ページのURLのルール設定のようなものだ。

この設定によって、投稿ページがどのようなURLでアクセスできるのかをコントロールできる。

パーマリンクは、上記以外にもプラグイン開発やテーマ開発によって独自に定義ができるので、概念だけでも知っておいて損はないはずだ。

メディア機能を理解する

メディア機能は、いわゆる画像などのアップロード機能だ。

なぜプラグイン開発やテーマ開発の際に知っておいた方が良いのか?というと、アップロードしたファイルを表示する際には、Wordpressのルールに従って画像等のアップロードファイルのURLを指定する必要があるからだ。

メディアファイルに関するURLの指定は、Wordpressで関数が実装されているので、後日詳しく解説する。

次に、PHPの基礎を理解する

WordPressの機能について理解出来たら、次に学ぶのはPHPの基礎だ。

WordPressはPHPというインタープリター言語(コンパイルしなくても動作するプログラム言語)で実装されている。当然、オリジナル(自作)プラグインやテーマの開発は、PHPというプログラミング言語で開発することになる。

特に覚えておきたいのが、以下の4つだ。

  1. 変数と定数、グローバル変数
  2. 関数の考え方(引数、戻り値等)
  3. HTMLの出力方法(echo)
  4. 制御構文(条件分岐、繰り返し)

欲を言えば、クラスの考え方も理解しておいた方が良いのだが、Wordpressは関数で呼び出せる処理が多いので、クラスの考え方は無理に覚えなくてもよい。

PHPが理解出来てきたら、いよいよ・・・

PHPのプログラミングが理解できて来たら、いよいよ簡単なプラグイン開発やテーマ開発を進めていこう。

特に、Wordpressのプラグイン開発やテーマ開発では避けて通れない、

  • アクションフック
  • アクションフィルタ

の2点を理解しておく必要がある。

初めてプラグイン開発やテーマ開発を行う際は、書籍などを活用して上記2点の実装方法を押さえておくとよいだろう。また、PHPのプログラミングに慣れてきた人は、既存のプラグインやテーマのソースファイルを見てみるのも1つの方法だ。