新規ビジネスを立ち上げる(起業する)ときに抑えておくべき3つのポイント

新規ビジネスを立ち上げる(起業する)ときに抑えておくべき3つのポイント

起業ブームが起きてからすでに数年が経過した。インターネットの発達で、巷ではノマドカフェやバーチャルオフィスを利用した新規ビジネスが増えてきている。
今回は、その新規ビジネスを立ち上げる(起業する)際に、抑えておくべき3つのポイントについてお伝えする。

 

1.誰に何をいつどのように価値を提供するか?

まず一番目に大事なのは、

を抑えておくことである。
これは営利事業だろうが、NPOの様な社会活動であろうが関係ない。
資本主義であろうが、共産主義であろうが関係ない。
人間が形成する社会の中でビジネスをやる一番基本である。
大抵のビジネス書には、ビジネスモデルの構築時に、「誰(who)に、何(what)を、いつ(when)、どのように(how)は必ず考えておきなさい」と書いてある。ところが、「なぜやらなければいけないのか(why)を考えなさい」を書いてある本はそれほど多くない。
実は、新規ビジネスを考えるのに一番重要なのは、なぜやらなければいけないのか(why)なのだ。
それはなぜか?
そのビジネスが替えがきくものなのか?きかないものなのか?によって、貴方のビジネスの生存確率が大きく異なるからだ。
具体的な例として、Uber(ウーバー。配車サービス)を挙げてみよう。

  1. 誰に?→迎車を希望している人に
  2. 何を?→タクシーまたは車とドライバーを提供する
  3. いつ?→できる限り早く
  4. どのように?→Webやスマホアプリで簡単に
  5. なぜやらなければいけないのか→既存のタクシー会社では、規格も機能もバラバラで、迎車を希望している人に不便だから

1~4だけで絞って考えれば、既存のタクシー業界でもやろうと思えばできたはずだ。
だが、なぜ既存のタクシー業界ではなく、Uberである必要があるのか?
一番大事なポイントは、実はそのビジネスが必要不可欠である理由なのだ。
 

2.ビジネスを立ち上げる際に、誰と組むか?

次にあげられるのが、お金よりももっと大事なことである。
それは、誰と組むか?である。
なぜお金よりも重要かというと、ビジネスが大きくなる(スケールアップ)スピードが全然違うからだ。
これは、人の能力だけではなく、環境や性格、マインドセットによっても大きく変わってくる。
例えば、イケイケドンドンタイプ2人でビジネスを立ち上げると、非常に危険だ。
法令違反やキャッシュフロー破綻が発生する可能性が極めて高くなる。
逆に、慎重派2人でビジネスを立ち上げると、スピードが遅くなってしまいいつまでたってもビジネスをローンチできない。
また、マーケティングに強い人間が一人もいない場合も要注意だ。
(私も人のこと言えないが)エンジニアが起業すると、

となってしまい、肝心な製品がいつまでたっても世に出てこないことがある。
とはいえ、マーケターだけで起業メンバーを構成してしまうと、製品品質やサービス品質に影響してしまう場合もある。
それだけ、誰と組むか?はかなり重要である。
 

3.お金の流れを抑える

最後にお金だ。よく起業セミナーでは初期投資となる資本金の話を中心に説明されることが多い。
但し、資本金よりももっと重要なのがある。それは何か?というと、

である。
特に、新規ビジネスを立ち上げた段階では、キャッシュアウトの方がキャッシュ印よりもはるかに大きくなる傾向がある。
必要な機材やソフトウェアの購入、備品の調達など、何かと必要なものが多いからだ。
その際に、いつプラ点(キャッシュフローが黒字に転じること)だけは、かなり慎重に考えておかなければ、ずるずると赤字を垂れ流し、いつの間にか資本(初期投資したお金)がなくなってしまうことがある。
新規ビジネスを立ち上げる際は、いつプラ点させ無ければならないのか?を考えて、できる限り多くの資本を用意するのが一番理想だ。
起業したい方、新規ビジネスを立ち上げたい方は、ぜひこの3つのポイントを抑えておくことをお勧めする。