スコープクリープ

【フリーランス・エンジニア向け】火のない所に煙は立たぬ!炎上する可能性が高い開発案件に巻き込まれないようにするために、注意すべき3つのポイント

エンジニアとして、いくつかの現場を経験すると必ず遭遇するのが、「炎上案件」だ。 いわゆる、納期やプロジェクトの開発スコープ(範囲)が収集つかなくなり、大量にエンジニアを投入しないと解決できない案件をさす。 今回は、フリーランスエンジニアや駆け出しエンジニアが、できるだけ炎上案件に巻き込まれないための3つの注意すべきポイントについて解説する。