自由気ままな移住と生活&働き方

1/5ページ
お金、人間関係、生活環境に縛られない自由生き方を実現するにはどうすればよいか、経験談や方法論を発信しています。

【レポート】物販(せどり)ビジネスで果たして自由を作れるのか?の検証(3)- AmazonFBAと、実際に倉庫に持込納品した際の体験談

今年の10月末あたりから、興味本位で本格的に物販(せどり)を始めてみた。1週間くらいやってみたのだが、実際に物販をやってみて面白い点・面倒な点が色々わかってきた。 今回は、Amazon FBA(フルフィルメント By Amazon。amazonによる配送代行)についてお伝えする。

【レポート】物販(せどり)ビジネスで果たして自由を作れるのか?の検証(2)- 物販ビジネスの落とし穴

今年の10月末あたりから、興味本位で本格的に物販(せどり)を始めてみた。1週間くらいやってみたのだが、実際に物販をやってみて面白い点・面倒な点が色々わかってきた。 今回は、物販ビジネスの落とし穴についてお伝えする。

【レポート】物販(せどり)ビジネスで果たして自由を作れるのか?の検証(1)- ノマドしながら物販はできるのか!?

今年の10月末あたりから、興味本位で本格的に物販(せどり)を始めてみた。1週間くらいやってみたのだが、実際に物販をやってみて面白い点・面倒な点が色々わかってきた。 今回は、起業して物販をやりたい人や、副業で物販をやりたい人向けに、物販に関する基本的な情報や、現時点までで苦労した点を共有する。

【ノマドワーカー・フリーランス向け】ノマドライフの実現のために絶対にやってはいけない仕事3撰

ノマドワーカー、働き方改革、といった言葉が当たり前になりつつある昨今、中々自由を確保できないフリーランスやノマドワーカーの人が増えてきた。 実際に私も、そういう方々から相談を受けたことがある。 今回は、ノマドワーカー・フリーランスが、ノマドライフの実現のために絶対にやってはいけない仕事3撰について紹介する。

【ノマドワーカー・フリーランス向け】日本の離島バカンスの醍醐味(1)- ビーチが綺麗で人が少なく快適!鹿児島県徳之島の紹介

8/31-9/4にかけて、沖縄出張を兼ねて、個人的に訪れてみたかった鹿児島県徳之島に行ってきた。 今回は、日本の離島紹介の第一弾、鹿児島県徳之島についてお伝えする。 徳之島はどんな島なのか? 徳之島は、鹿児島県南西部の端の方にある島だ。島全体の大きさは、247.77 km2、周囲およそ80kmで、北方領土の色丹島と同じくらいの大きさである。 鹿児島県の最南端である与論島に近く、実際に鹿児島から行く […]

【海外移住希望者向け】日本人がクアラルンプール(マレーシア)に移住する際のおすすめエリア5選+α

マレーシア、クアラルンプールから東京に拠点を戻して早1週間がたった。 3年ほどクアラルンプールに住んでいたが、住み心地自体は悪くなかった印象がある。特に食事の面や居住性の面では、クアラルンプールは世界有数の都市だと思う。 今回は、3年住んだ私の実体験をもとに、日本人がクアラルンプールに移住する場合のおすすめエリアについてお伝えする。

【コラム】海外移住も国内居住も一長一短!自分の価値観にあった生活を!

海外移住、あこがれる人が多いのは周知の事実だろう。 だが、海外移住こそ自分らしく生きられるという、実際の生活より海外移住が誇大に伝わっている気がしてならない。 今回は、海外移住して分かった、海外移住の理想と現実を中心にお伝えする。

【海外移住希望者向け】マレーシア移住の光と影。しっかりとした調査と事前準備を!

4/24(水)、テレビ東京で放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)で、「プラスチック」の規制と、日本人に人気の「海外移住」特集があった。その中でもマレーシア移住について少なからず反響があった。 私もマレーシア移住をした人間だが、率直な感想として、4/24で放送された部分はほんとごく一部の情報に過ぎない。 今回は、マレーシア移住を体験した人間として、マレーシア移住の光と影につ […]

【フリーランス希望者向け】完全リモートワークを実現するのに必要な努力とブランディング

最近は、働き方改革の影響もあってフリーランスのエンジニアやデザイナーが増えてきた。 そんな彼らにあこがれを持ちつつも、フリーランスになって完全リモートワークを実現するのに躊躇してしまう人が未だに多い。 彼らのほとんどは、 私にそんな実力があるのだろうか? 仕事が途切れたらどうすればよいのだろうか? リモートワークってどのように進めたら良いのだろうか? といった悩みを持っている。 今回は、完全リモー […]

【エンジニア向け】堀江貴文氏「電話してくる人とは仕事するな」はエンジニアにとって重要である

SE業やプログラミングに関する仕事をしていると、たまに電話がかかってくることがある。 ところが、不用意に電話に出てしまうと、エンジニアにとって思わぬ損失を被ることがある。 今回は、エンジニアにとっての最大の難敵である電話についてお伝えする。

1 5